広島焼きおすすめ人気メニュー

広島豚玉人気№1

広島お好み焼き豚玉

広島焼きのキャベツ なんと言っても広島豚玉が人気№1です。豚玉は生地を薄くひいたその上にうまみ材を置いてキャベツを一掴み程度置きます。置いたキャベツの上にさらにてんかす、ねぎ・・・と載せて水分の少ない甘みのあるもやしを載せて、いよいよ豚肉を載せます。豚肉の上からおいしくなるように脂などを、数種類のものを載せて焼きます。
          広島焼き豚玉のキャベツ↑

始めに引いた生地がカリッとしてきたら崩れないように一瞬で返します。キャベツが飛んだりする事もあるのでそんな時はコテで整えます。しばらくするとゆらゆらと湯気が上がり始め分厚いキャベツの高さが低くなり始めと湯気の量も増しこのころからいい香りを放ちます。何度焼いていてもいい香りです。高さが低くなってきたところで広島焼き専用麺を炒めて味付けし面の上に広島焼きを載せます。この後、玉子を広げて玉子の上に麺と広島焼きを載せて、玉子が張り付いたらひっくり返してソースをぬって焼き上がりとなります。途中の工程を省いていますがだいたいこんな手順で焼きます。

おすすめで人気の広島ミックス焼き

広島ミックス焼き

広島ミックス焼き

広島ミックス焼き おすすめで特に人気が高い広島ミックス焼きです。このお好み焼きは生地を広げて キャベツを載せるところまでは広島豚玉とおなじですがミックス焼きはここから お刺身でも食べられる新鮮いか(※自店調理の物)を載せて次に「えび」(自店調理)、ほたて、てんかす、もやし、豚バラ、麺、玉子と重なります。これを湯気などの状態を目視確認しながらおいしく丁寧に焼きます。
          広島ミックス焼き↑
※自店調理とは・・・
生鮮物は一般的な加工品ではなく例えば「いか」ならいかの姿の物これを業界では「まるもの」というのですがこれを店舗にて開き、※げそと上身にわけて上身はさらにお好み焼き用サイズにお刺身包丁できってお好み焼き用に仕込みます。また、えびも店舗で洗浄後皮をむき背綿を一匹づつ取り除きここから水切りをしたのものを仕込みます。 この事を陽風みでは自店調理と言います。

※げそとは・・・
一般的に「げそ」といえば「いか」の足の事をいいます。 最近は 「げそ」を蛸の足と思われる方がふえていますので書かせていただきます。 鮮度の良い物を焼くと蛸のような色になるのでそう思われても仕方が無いかもしれません。 陽風みのげそ(いかの足)は焼くと蛸のような色をしていますが蛸ではございません。いかの足です。

夏場に特に人気でボリュームがおすすめです

広島豚玉麺ダブル

ボリューム満点の麺ダブル

広島麺ダブル 広島焼きの中でも麺ダブルは特にボリュームに人気があります。通常のお好み焼きの2倍の麺を使います。ここがおすすめのポイントでもあります。麺は鉄板で炒めてソースと油、うまみ材などをからめて少しかりっとした状態になるまで炒めてその上にお好み焼きの本体を載せます。この時、厚みは当然通常分の2倍の厚みがあります。左の写真ですが本体を麺の上に載せます。
              広島麺ダブル↑
これを 上手にコテを使って頂きます。陽風みの広島焼きをよく召し上がられている方の中には取り皿を使用されずにコテだけで最後まで召し上がられます。お好み焼きを切る手つきもしなやかです。広島焼きの麺も 広島焼き専用の麺を使います。

季節の人気メニュー

季節の広島かき玉

冬の味覚 かき玉

かき かき玉は冬になると人気最強です。なぜかと申しますと陽風みのかき玉はかきの入っている量が多いのです。また、焼き方も かきのうまみがキャベツなどに染み渡るように焼きますので香りも申し分ないと思います。ここに人気の秘密があるのです。

              季節のかき玉↑
※かき玉1枚に上の写真の量のかきは使いません。撮影用に皿に載せた物です。数は大きさにもよりますが5粒から8粒くらいです。
また、仕入れはキャベツ同様に店長自ら市場へ出向きその日入荷された元気で甘みののったかきを仕入れます。だからおいしいのです。かきには特に冬に必要とされる栄養素を沢山含んでいますので健康面からでもおすすめです。


  • 大阪のお好み焼き
  • 大阪のお好み焼き
ページのトップへ戻る